忍者ブログ
ボクと契約して相互リンクやってよ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そんな訳で5D's感想。

これまでのあらすじ。
ボマーに「あなた死ぬわよ」と言われたジャックは遊星とナスカに旅立つ。
ボマーはジャックにパワー馬鹿な戦術を改めるようマックス君とデュエルさせ、案の定ジャックがクラッシュ。
子供に負けたのがよほど悔しいのかジャックはバイクで何処かに行ってしまうのであった。

とりあえずバイクを走らせるはいいが行くあても無いジャック。
走りながらジャックは考える。「あのままやってたら勝ってた」負け惜しみかよ。
そして例によってパワー馬鹿宣言。まあ筋が通っているのは悪い事じゃない。

一方ボマーの家では、ボマーが衝撃の発言。
「マックスのデッキはあんなカード入ってない」との事。
不審に思った遊星が尋問を開始します。
蟹「どうしてその夢でジャックが死ぬと思った?」
ボマー「わからない」
蟹「どうしてマックスとデュエルさせた?」
ボマー「わからない」
ここに来てボマーが紅蓮の悪魔(以下長いので紅魔と略す)に操られてたのに気づく。
つまりあの仏像みたいのはケツァルコアトルじゃなくて紅魔だったと。

一方ジャックは紅魔の被害に遭った村にたどり着く。
村には老人一人だけで、老人の話によれば村人はみな何処かにに逃げたとの事。
そんな中、紅魔のしもべの笑い声が聞こえてきます。
どうでもいいがルチアーノの笑い声に凄く被る。
紅魔を追いかけて、気がついたらまた村の入り口へ。やはりと言うか、老人が実は紅魔のしもべでした。

しもべは紅魔がジャックの欲しい物を与えてくれると言う。
それにしてもこのしもべウザい。
ジャックはやっぱり「圧倒的なパワーが欲しい」。
いいのかそんな簡単に誘惑に乗って。

そしてジャックの大人げなさにがっかりしたマックスの元にジャックが戻ってくる。
何やら操られた雰囲気のジャックはマックスを華麗にスルーし、神殿に登ったと思ったら姿を消します。
そこへボマー達が駆けつける。神殿に登ってみると何と下に続く階段が。

そんな中、ジャックは階段を降り神殿の最新部へ。
そういやこの神殿ボマーが作ったんじゃ…
やはり最深部は神殿で、紅魔としもべがお待ちかね。
しもべ曰く、しもべとデュエルして勝ったら紅魔の力をくれてやる、と。
ジャックは迷いますが勝手に操られてデュエル開始。

そこにボマー達が合流。ジャックが正気に戻りますがもう遅い。
紅魔は地獄に落ちてもパワーを求めるジャックの肉体を利用して復活する算段らしい。
要するにジャックは真性のパワー馬鹿って事でいいんですね。
入り口を塞いで床を崩し逃げ道を塞ぐしもべ。
遊星達も紅魔復活のための生け贄にするつもりのようです。

ジャックの後攻。ビッグピースを召喚。
ついにジャックもバイスリゾネーターが死亡フラグと気づいたか…

相手のデッキはバーンデッキみたいです。
自分からモンスターを破壊し、破壊された時にバーン効果を発動する「黄泉」シリーズ。
何だかスクラップに近いものがありますね。

ビートダウンでバーン相手はやっぱ相性悪いのか追い詰められるジャック。
ここで紅魔がジャックの劣勢を喜んだのか姿を現す。
そしてボマーが紅魔の正体を思いだします。
紅魔の正体は地縛神と赤き龍の戦いより更に5000年前、赤き龍を寸前まで追い詰めた最強の地縛神・スカーレットノヴァらしい。
ウィラ子の立場が無いじゃない。

久々にダグナー編のBGMがかかりつつ次回へ。

次回予告。
ジャックがスカーレットノヴァを召喚するらしい。
ところでジャックはシグナーの印と地縛神を両方従える訳だよな。
つー事は長官の言ってた「⑨極の神」って事にならないか?ジャックパネェ。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
TRACKBACK
TB URL
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
きょむ
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/08/20
職業:
大学生(絶賛塾講師中)
自己紹介:
鈴仙に新参ホイホイされたみたいです。
リア充計画を決行する時は来た。

ちなみに某掲示板に書き込んでるB太郎とは同一人物です。
一応念のため。
[06/30 BT]
[06/08 sato]
[06/06 名無し様]
[05/06 名無し様]
[04/16 ノヴァ]
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]